• ホーム
  • MELジャパンの概要
  • 認証申請を希望する方へ
  • 審査機関になりたい方へ
  • 業種別団体になりたい方へ
  • 認証された漁業
  • 認証された流通加工
  • 商品情報
  • バックナンバー
  • ENGLISH
  • お問い合わせ

マリン・エコラベル・ジャパンの概要

1.目的と名称

水産資源の持続的利用や生態系の保全を図るための資源管理活動を積極的に行っている漁業者を支援しかつ、消費者をはじめとする関係者の水産資源の持続的利用や海洋生態系保全活動への積極的参加を促進することを目的として、新しいエコラベル制度を設ける。
この制度の運営のため、マリン・エコラベル・ジャパンを設置し、その英語名称はMarine Eco-Label Japanとする。(略称:MELジャパン。以下「MELジャパン」という。

本制度は、FAOが2005年3月ローマで採択したエコラベルのガイドラインの考え方に沿った制度にすることにより、広く国際社会に受け入れられるように配慮する。 また、漁業生産及び漁業資源管理活動に独自の長い歴史を有する日本の漁業の実情を踏まえ、漁業者及び関係事業者のラベル取得にかかる経済的負担をできる限り抑制しつつ、我が国の資源管理の特徴や優れた点を十分に反映した、合理的な制度とする。

*水産エコラベルとは、漁業の持続性(資源管理と生態系への影響の配慮)を認証するためのラベルであり、品質や安全性は要件に含まれていない。

2.制度の概略

  • 1 制度の運営

    制度の運営は、当面、大日本水産会内に設置する「MELジャパン」が行うこととし、事務局は、大日本水産会事業部が行うこととする。

  • 2 制度の仕組

    「MELジャパン」には、運営全般を統括し、業種別団体の登録、各種基準等の決定・改定を行う「協議会」を設置し、公正かつ客観性を確保する。 その下に各種基準等の整備・運用を検討する「技術専門部会」と制度を国内外に広く周知する「広報普及専門部会」を設け、業務運営を監査する「監査委員会」を別途設置する。 さらに、「MELジャパン」の目的が広く合意形成されたものにするために、各分野の有識者及び学識経験者を中心に構成される「評議会」を設置し、「MELジャパン」の基本的運 営事項を審査し助言する。

    *委員名簿

  • 3 審査機関

    審査機関は、申請者とは独立した公平で中立的な判断と精度の高い審査を実施するために、認証の種類(生産段階認証と流通加工段階認証)ごとに一定の技術的知識及び経験を有する役職員を有する法人であり、「MELジャパン」の趣旨に整合すると判断される機関であることを要件とし、「MELジャパン」とは独立した認定機関により認定を受け、「MELジャパン」に登録する。認定の有効期間は、特段の理由がない限り5年とする。
    審査機関は申請者からの申請に基づく審査と「MELジャパンへの審査報告、認証内容についての定期的管理審査を行う。

  • 4 認定機関

     認定機関は、MELジャパン及び審査機関から独立した公平で中立的な認定を行うために一定の技術的知識及び経験を有する役職員を有する法人であり、「MELジャパン」の趣旨に整合すると判断される機関であることを要件とする。
    「MELジャパン」は、「MELジャパン」制度を理解し、要件を満たしている認定機関に「MELジャパン」審査機関の認定業務を依頼する。
    認定機関は、審査機関が「MELジャパン」の審査業務を行う能力を有することを第三者機関として認定し、審査機関の技術力と信頼性を確保しつつ、それらが適切に維持されていることを監視する。

    *フロー図 (PDF 25.5KB)

  • 5 認証方法

    認証は、生産段階認証と流通加工段階認証の二種類とする。
    認証の申請は、生産段階認証にあっては、生産者(漁協、団体等を含む)ごとに同一漁法による対象漁獲物を特定して審査機関に申請するものとし、流通加工段階認証にあっては、対象漁獲物及びその製品を扱う事業者ごとに審査機関に申請するものとする。なお、必要に応じ、生産段階認証と流通加工段階認証を一括して申請できるものとする。

  • PREV
  • TOP
  • NEXT